Ultimate Google Analyticsの自動挿入を特定のページで外す方法

WordPressにGoogle Analyticsのコードを仕込むときは、Ultimate Google Analyticsが便利なのでよく使っているのですが、全ページに自動で挿入されてしまうので、特定のページだけはトラッキングしたくないときは少し手を加える必要があります。

下記のアクションを使って、Google Analyticsのコードを挿入しているようです。

add_action( 'wp_head', 'uga_wp_head_track' );
add_action( 'wp_footer', 'uga_wp_footer_track' );
add_action( 'init', 'uga_init' );

従って、上記のアクションをremove_actionしてやれば良いです。

remove_action( 'wp_head', 'uga_wp_head_track' );
remove_action( 'wp_footer', 'uga_wp_footer_track' );
remove_action( 'init', 'uga_init' );

コードを書く場所は、外したいページのテンプレートとか、functions.php内で条件分岐させて書き込むと良いです。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく