どこの組織(企業・大学)からのアクセスかがわかる!Google Analyticsの活用法

手順

まず普通にGoogle Analyticsを開き、調べたいサイトのアクセス解析を開きます。開いたら、ユーザー => ユーザーの環境 => ネットワークを開きます。

ここではアクセスしてきたユーザーのサービスプロバイダは確認できますが、どの組織(企業、大学等)からアクセスしてきたのかまでは確認できません。そこで、「セカンダリ ディメンション」の部分を操作します。

セカンダリディメンション => 選択 => ユーザーの環境 => ドメイン を選択します。すると次のようにどのドメインからアクセスしてきたかがわかります。

「なかのひと」のように組織名まではわかりませんが、ドメインからある程度推測できると思います。

ちなみに、セカンダリディメンションでの詳細情報の表示は、「ユーザー => ユーザーの環境 => ネットワーク」だけではなく、その他の解析結果でも行うことが可能です。例えば、「コンテンツ => サイトコンテンツ => ページ => 表示中のセグメント:タイトル」を開き、そこで「セカンダリディメンション => 選択 => ユーザーの環境 => ドメイン」を選択すれば、ページごとにどのドメインからアクセスが多いのかが確認できます。

モンキーレンチの場合は一般ユーザーからのアクセスばかりなのか、大手プロバイダのドメイン名しか出ていませんが、企業サイトなどの場合は、ドメインから取引先になる得る企業や大学が判別できれば、営業資料として活用できるのではないでしょうか。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく