Macでアンチエイリアスなしのフォントをキレイに表示する方法

Macで画像を編集中、アンチエイリアスなしの文字を入れたかったのですが、どうも文字が汚い。こんな具合に。

汚い

明朝でもないのにやけにギジャギジャだし、どの大きさ、フォントを選んでも汚い。調べてみると、どうやらMacOSXはフォントはビットマップ用のファイルを持っていないらしい。だからアンチエイリアスの効いていないビットマップフォントだときれいに表示出来ないと。で、見つけた解決法。

Fireworks
Fireworksで、フォントはOsakaを選びます。そして文字の横幅を101%に設定。注意点として、フォントサイズは決まったものしかきれいにできないようです。10pxと12px、14pxは問題なく表示出来る事を確認できました。

きれい

以上!

参考

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく