SEO(笑)をお願いしたくなるWeb制作会社 5つのポイント

1.meta keywordsに多くのキーワードを詰め込む

meta keywordsはSEOにおいて非常に重要です。ページ内にキーワードを入れることができなくてもmeta keywordsには必ずキーワードを入れましょう。できるだけ多く入れましょう。それだけ多くのキーワードで検索にかかるようになります。

2.検索エンジンに登録しましょう

80%以上のユーザは検索エンジンからやってきます。検索エンジンに登録しないと、それだけで多くのユーザを失っていることになります。検索エンジンにかってに登録されることはありません。必ず登録しましょう。手間を減らすために一発太郎を利用しましょう。

3.リンク集に登録しましょう

被リンク数が多いほど検索エンジンからの評価が高まります。Web上には多くの無料で登録できるリンク集がありますので、それを利用しましょう。特に、特的の地域に特化したリンク集には積極的に登録しましょう。地元ユーザからのアクセスも増やすことができ一石二鳥です。

4.ページにはキーワードを詰め込みましょう

検索エンジンはページ中に含まれるキーワードが多ければ多いほど、そのキーワードにおけるページの評価を高めます。多少日本語的に不自然になったとしてもキーワードを詰め込みましょう。どうしても不自然さが気になる場合はCSSで非表示にしながらキーワードを詰め込むことも可能です。

5.XHTML+CSSでコーディングしましょう

検索エンジンはXHTML+CSSでコーディングされたページを好みます。前時代のHTMLでコーディングするとせっかくのチャンスを逃すことになります。必ずXHTML+CSSでコーディングしましょう。

もっとありそうだけでパッと思いつくのはこれぐらいでしょうか。当てはまれば当てはまるほど重症です。気をつけましょう。他にも思いついたら追加してきます…。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく