Mimizuku ならテーマユニットテストデータを一発でインポートできて便利

mimizuku

Mimizuku Advent Calendar 14日目の記事です。

テーマユニットテストデータ

テーマユニットテストデータは、WordPress テーマの表示確認を行うためのダミーデータのことです。例えば日本語版のテーマユニットテストデータは GitHub で配布されていますが、実際に使うためには GitHub からテーマユニットテストデータをダウンロードするだけでなく WordPress Importer のインストールも必要で少々面倒です。そこで、Mimizuku ではテーマユニットテストデータを簡単にインポートできるように Composer スクリプトを用意しました。

Mimizuku でテーマユニットテストデータをインポートするには

次のコマンドを打てばテーマユニットテストデータが一撃でインポートされます(Composer と WP-CLI が動作する環境が必要ですのでご注意ください)。WordPress Importer のインストール、テーマユニットテストデータのインポートに加え、メニューのアサインなんかも行います。

ちなみに、この Composer スクリプトは Mimizuku Child から実行可能です。

// Mimizuku の子テーマに移動
$ cd /PATH/TO/your-theme-name

// 英語版のテーマユニットテストデータをインポート
$ composer theme-unit-test

// 日本語版のテーマユニットテストデータをインポート
$ composer theme-unit-test-ja

いきなりダミーデータをインポートするのも微妙なので、インポート前に現在のデータベースをエクスポートしてからインポートするようにしています。テーマの直下にエクスポートするのでサーバー上では実行しないように注意してください。

明日は Mimizuku で PHPUnit の環境を準備する方法について書きます。ではではー

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく