Mimizuku ならテーマユニットテストデータを一発でインポートできて便利

mimizuku

Mimizuku Advent Calendar 14日目の記事です。

テーマユニットテストデータ

テーマユニットテストデータは、WordPress テーマの表示確認を行うためのダミーデータのことです。例えば日本語版のテーマユニットテストデータは GitHub で配布されていますが、実際に使うためには GitHub からテーマユニットテストデータをダウンロードするだけでなく WordPress Importer のインストールも必要で少々面倒です。そこで、Mimizuku ではテーマユニットテストデータを簡単にインポートできるように Composer スクリプトを用意しました。

Mimizuku でテーマユニットテストデータをインポートするには

次のコマンドを打てばテーマユニットテストデータが一撃でインポートされます(Composer と WP-CLI が動作する環境が必要ですのでご注意ください)。WordPress Importer のインストール、テーマユニットテストデータのインポートに加え、メニューのアサインなんかも行います。

ちなみに、この Composer スクリプトは Mimizuku Child から実行可能です。

// Mimizuku の子テーマに移動
$ cd /PATH/TO/your-theme-name

// 英語版のテーマユニットテストデータをインポート
$ composer theme-unit-test

// 日本語版のテーマユニットテストデータをインポート
$ composer theme-unit-test-ja

いきなりダミーデータをインポートするのも微妙なので、インポート前に現在のデータベースをエクスポートしてからインポートするようにしています。テーマの直下にエクスポートするのでサーバー上では実行しないように注意してください。

明日は Mimizuku で PHPUnit の環境を準備する方法について書きます。ではではー

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

キタジマタカシ

長崎在住、フリーランスのWordPress テーマ / プラグインデベロッパー。 多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開しています。現在は WordPress 有料テーマ Snow Monkey を開発・販売しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします