MW WP Form に画像&ファイル添付機能を追加しました

WordPressのフォームプラグイン「MW WP Form」をバージョンアップしました(Ver 0.7.1 => 0.8)。主な更新内容は以下のとおりです。

  • 画像アップロードフィールドを追加
  • ファイルアップロードフィールドを追加
  • ファイルタイプ バリデーション項目を追加
  • ファイルサイズ バリデーション項目を追加
  • 管理画面で不正な値は save しないように修正
  • datepickerで年月をセレクトボックスで選択できる設定をデフォルトに
  • アクションフック mwform_add_shortcode, mwform_add_qtags 追加
  • バリデーション項目 文字数の範囲, 最小文字数 の挙動を修正
  • フォーム制作画面でビジュアルエディタを使えるように変更

マニュアル

画像&ファイル添付機能について

画像アップロードフィールド、ファイルアップロードフィールドは、どちらも何のファイルでもアップロードできるという点は共通ですが、画像アップロードフィールドの場合は確認画面等でアップロードしたファイルを表示する場合imgタグで表示し、ファイルアップロードフィールドの場合はリンクで表示します。アップローするファイルの種類の制限は管理画面で設定します。

アップロードされたファイルは、「問い合わせデータをデータベースに保存」する場合はメディアに追加されると同時に管理画面に保存された問い合わせデータにも添付されます。データベースに保存しない場合は、管理者へのメール送信後ファイルは削除されます。また、管理者へのメールにはアップロードされたファイルが添付されますが、自動返信メールにはファイルの添付は行われません。

アクションフック mwform_add_shortcode, mwform_add_qtagsについて

アクションフック mwform_add_shortcode, mwform_add_qtags を追加し、フォーム項目を表示するためのショートコードの追加と、管理画面でショートコードを埋め込むためのクイックタグの追加をこのフックを通して行うようにしました。このフックを使うことでオリジナルのフォーム項目を追加することが可能です。

バリデーション項目の動作変更について

バリデーション項目「文字数の範囲」「最小文字数」の挙動の修正ですが、このバリデーションを設定すると自ずと必須項目となってしまっていたので、入力がない場合はエラーにしないように修正を行いました。必須項目にするために使用されていた方は、「必須項目」も追加してください。

今回は結構大幅に修正を入れたので、もしかしたら不具合などあるかもしれません。もし不具合を見つけられた場合は、ぜひご連絡をお願いします。

ダウンロード

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

キタジマタカシ

長崎在住、フリーランスのWordPress テーマ / プラグインデベロッパー。 多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開しています。現在は WordPress 有料テーマ Snow Monkey を開発・販売しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします