GitHub for MacでSyncするときに邪魔な.DS_Storeを非表示にする方法

GitにファイルをアップロードするときにGitHub for Macを使っているのですが、アップロードするファイルの一覧に「.DS_Store」が表示されており、しかも選択状態になっているのでわざわざ選択を外して同期作業を行う、という面倒なことをしておりましたが、任意のファイルを除外できることがわかりました。これで.DS_Storeを除外してみましょう。

方法

1.メニューバー -> Settings

メニューバー -> Settingsで設定画面を開きます。

設定画面を開きます。

2.除外するファイルを記述

除外するファイルを記入します。ここでは「.DS_Store」ですね。一つ注意点として、除外するファイルを記述すると、設定ファイル「.gitignore」が生成されるようなのですが、そのままだとこれもアップロードするファイルの一覧に表示されるようになってしまうので、「.gitignore」も除外するファイルに加えます。記述できたら「Save Changes」で設定を保存します。

除外するファイルを記述します。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく