WordPressの記事に終了日時設定を付加するプラグイン「Post Expirator」

WordPressは、デフォルトでは記事の公開終了日を設定するような機能はありません。そのような機能が欲しいときは「Post Expirator」で実現できます。

使い方

WordPressの管理画面でプラグイン検索するか、Post Expiratorからダウンロードしてインストールします。設定->Post Expirator に設定画面が追加されますが、特に設定変更無しで使用できます。

注意点

Post Expirator、そのまま使うと現時間より-9時間のずれが生じてしまいます。調べてみると、下記のような感じでコアコードを書き換える方法がヒットしました。

コアコードを書き換える場合、バージョンアップなどで修正したコードがもとに戻ってしまうので、あまりしたくありません…。

いろいろ試してみたところ、設定->一般 でタイムゾーンを「UTC+9」から「東京」に変更することで、ずれを修正することができました。

日本時間は「UTC+9」ですが、なぜこれはダメ「東京」は良いのかはよくわかりませんでした…。もし不具合などありそうでしたら教えていただけると嬉しいです。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく