WordPressの設定データ一覧を簡単に見る方法

下記のURLにアクセスすればOptionsテーブルに格納されたデータを一覧で確認できます。変更も可能のようです。プラグインの開発等で頻繁にOptionsテーブルの中身を確認する場合に、いちいちphpMyAdminなどで確認する必要が無いのでとても便利です。

http://WordPressのURL/wp-admin/options.php

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく