Custom Field Gui Utility 3 で画像の挿入ができない場合の対処法

Wordpressの貧弱なカスタムフィールドを拡張できるプラグイン「Custom Field GUI Utility 3」。大変重宝していたのですが、Wordpressを3.3にバージョンアップしたところ、投稿画面に表示されなくなってしまいました。プラグインの配布サイトを見てみると、

[2011-12-14] WordPress 3.3 には未対応です。

…。他に良さげなプラグインが無いので対応させる方法を探してみると、結構簡単に発見。2つのファイルを修正する必要があります。

cfg-utility.php

まず、cfg-utility.phpの72行目。

add_action ('simple_edit_form', array ('cfg_utility_class', 'insert_gui'));

add_action ('edit_form_advanced', array ('cfg_utility_class', 'insert_gui'));

cfg-utility.js

cfg-utility.jsの174行目。

$('#media-buttons a').click();

$('#wp-content-media-buttons a').click();

参考

本題の画像の挿入ですが…

一応これでプラグインは動くようになったのですが、どうも画像のカスタムフィールドだけが上手く動きませんでした。IDは入るのに、URLが入ってこない…。他にも修正することがあるのかな?とググッて見ても情報なし。しかたないのでソースを読んでみると、下記のような動作で動いていることがわかりました。

カスタムフィールドに画像のID、URLを挿入する動作は、「カスタムフィールドに挿入」ボタンを押したタイミングではなく、右上の「×」を押したタイミングで行われます。また、そのときに、リンクURLのテキストフィールドに入力してあるURLを取得して、カスタムフィールドに挿入しているようです。

僕の場合、リンクURLはいつも消すようにしていたため、それが原因となっていたようです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

キタジマタカシ

長崎在住、フリーランスのWordPress テーマ / プラグインデベロッパー。 多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開しています。現在は WordPress 有料テーマ Snow Monkey を開発・販売しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします