WordPressで画像をアップロードする際に挿入される邪魔な属性を排除するプラグイン

Wprdpressのメディアアップローダーで画像をアップロードし記事に挿入ボタンを押すと、

<img src="/wp-content/uploads/2011/06/xxx.jpg" alt="画像の説明" title="" width="325" height="205" class="alignright size-full wp-image-309" />
 

上記のような感じでimg要素が挿入されます。

うーん、、title属性、空のときは必要ありませんね。width属性、height属性邪魔ですね。

ということでtitle属性が空のときはtitle属性を取り除き、width属性、height属性は強制的に排除するプラグインを作りました。custom-image-attributesをダウンロードし、wp-content/pluginsにアップロードして管理画面から有効可すればOKです。

altが無いのは個人的に違和感があるので、alt属性が空の場合でもalt属性は排除されません。また、classもデフォルトのものはごちゃごちゃして好きではないのですが、メディアアップローダーで回り込みなどの設定をしたのに反映されないとかは違和感があるので消さずに残すようにしています。

custom-image-attributesをダウンロード

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

キタジマタカシ

長崎在住、フリーランスのWordPress テーマ / プラグインデベロッパー。 多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開しています。現在は WordPress 有料テーマ Snow Monkey を開発・販売しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします