いまさらですがCSSギャラリーサイトについて

CSSのギャラリーサイトってかなりの数がありますが、日本語のサイトって意外に少ないんですよね。
日本のサイトを取り上げているサイトっていうか。

今知ってるのはこれくらいかなぁ…。

ギャラリーサイトに欲しいもの

  1. 寄りすぎてないスクリーンショット
  2. 色別のカテゴリ
  3. 業種別のカテゴリ
  4. アクセシビリティ

1に関して、なんかロゴの部分だけとかワンポイントだけのスクリーンショットしか載せてないサイト多いですね。
この場合いいなと思って開いたサイトがアレ?ってパターンが多いのでイラっとします。
中にはスクリーンショットすらないサイトとかもう、ね。
2、3に関してはタグクラウドが充実しているのならそっちの方が良いかも。

要は、開かなくても大体のイメージがわかるスクリーンショットがならんでいて、見たいと思ったサイトにすぐに移動できるっていうのが一番重要。使いずらいとか重いとか論外。そういう意味ではWebデザイナーのためのリンク集なんて非常に良いサイトなんですけど、いかんせん更新頻度が…。

なんか自分でもギャラリーサイト作ってみたくなってきた。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく