WordPressのフォームプラグイン「MW WP Form」に問い合わせ内容をデータベースに保存する機能がつきました。

WordPressのフォームプラグイン「MW WP Form」をバージョンアップしました(Ver 0.6.4 => 0.7)。主な更新内容は以下のとおりです。

  • 問い合わせデータをデータベースに保存する機能を追加
  • アンインストール時にデータを削除するように修正
  • 一覧画面で QTags の JSエラーがでていたのを修正

ダウンロード

問い合わせデータをデータベースに保存する機能

今回の更新の目玉は「問い合わせデータをデータベースに保存する機能」です。MW WP Formの作成画面で「問い合わせデータをデータベースに保存」にチェックすると、フォームから送信されたデータがデータベースに保存されるようになります。

保存されるデータは、メール設定 > 本文 の中で {お名前} 等、送信項目をメールで送信する部分になります。また、各登録データのタイトルとして メール設定 > 件名 が設定されます。

一覧画面

保存されたデータは、WordPressメニュー > MW WP Form > MW WP Formの名称 から確認できます。サンプルとして、「お問い合わせ」というフォームを作成した場合を載せています。

登録データの一覧画面

一覧画面上部の「表示オプション」から、一覧画面に表示する項目や表示件数が設定できます。

表示オプション

詳細画面

一覧画面で登録データのタイトルをクリックすると、そのデータの詳細が確認できます。「タイトル」については、詳細画面から編集が可能です(対応が完了した問い合わせについては[対応済み]とつけて更新する等を想定しています)。

詳細画面

ダウンロード

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく