WordPress コーディングスタンダードのチェック、PHP の静的コード解析、ユニットテストを一発で実行する

  • ブックマーク
  • Feedly

mimizuku

Mimizuku Advent Calendar 16日目の記事です。16日目の記事だけ漏れていたのでなんとか間に合いました。明日書ければ予定していたものは全部埋めれる!ということで書きます。

WordPress コーディングスタンダードのチェック

PHP_CodeSniffer という PHP コードがコーディングスタンダードに準拠しているかチェックするツールがあります。PHP_CodeSniffer は xml ファイルで指定することでチェックするルールセットを変更できるようになっており、WordPress のコーディングスタンダードに準拠しているかチェックするための WordPress-Coding-Standards というルールセットも公開されています。

僕は今までチェックとかしたことがなくて、でも WordPress のコーディングスタンダードには一通り目を通していたので大丈夫だろうと思っていました。でも去年 Habakiri Advent Calendar で @hideokamoto さんに「HabakiriのPHPファイルがコーディングスタンダードに沿っているか調べてみた」をやられまして撃沈しました…。

PHP の静的コード解析

コーディングスタンダードのチェックとは別に、「こうしたほうがコードがスマートだよ」とか「こうしたほうが無駄が少ないよ」的なコード品質を上げるためのチェックをしてくれる PHPMD というツールもあります。

Mimizuku なら簡単にチェックできる

この PHP_CodeSniffer と PHPMD によるチェック、Mimizuku ならコマンド一発で簡単にチェックできます。子テーマに Mimizuku Child を使えば子テーマでも実行できます。コマンドは以下。

$ composer test

PHP_CodeSniffer と PHPMD のチェックに加え、PHPUnit によるユニットテストも同時に実行されます。PHPMD はデフォルトだとちょっとそこまでやらなくても良くない?みたいなところもあったので、Mimizuku の PHPMD の設定はデフォルトから若干チェックをゆるめにしています。

0からだとわりと環境作るのめんどくさいと思うので、チェックしたいけどめんどくさくて手を付けていなかったという方はぜひお試しください〜

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

キタジマタカシ

長崎在住、フリーランスのWordPress テーマ / プラグインデベロッパー。 多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開しています。現在は WordPress 有料テーマ Snow Monkey を開発・販売しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします