長崎から WordCamp Kansai 2015 に参加した話

WordCamp Kansai 2015

7月25、26日に大阪大学豊中キャンパスで開催された WordCamp Kansai 2015 に参加してきました。昨年は一般の参加者としての参加でしたが、今年は実行委員・スピーカーとしての参加でした。確認画面先輩の堀家さんと、Custom Post Type Permalinksとろゆにさんの3人で WordPress での CI についてのセッションとハンズオンを行いました。実行委員には自分で申し込んだのですが、いつの間にかスピーカーもすることになっていて、しかもなぜかテーマが CI で、多分とろゆにさんもそんな感じだったのではないかと思います^^;

WordPressで行う継続的インテグレーションのススメ

「WordPressで行う継続的インテグレーションのススメ」というタイトルでセッション・ハンズオンを行いました。セッション・ハンズオンとも参加者の方から「わかりやすかった」「参考になった」などありがたい言葉をいただき、とれも嬉しかったです。既に WordCamp でスピーカー経験のある堀家さんが準備中からぱぱっと仕切ってくれたり、とろゆにさんもハンズオン参加者のための環境構築をドガガっと作ってくれたり、多分僕一人だけだったらこんなにうまく行かなかったと思うので、今回3人でやれて良かったですし、とても楽しかったです。

セッション会場。とても広くて威厳のある感じで会場で驚きました。

セッション開始してます!たくさんの参加者…!

Posted by WordCamp Kansai 2015 on 2015年7月24日

コントリビューションスタジオ

2日目は僕はコントリビューションスタジオの担当でした。コントリビューションスタジオは、昨年の2日目の企画であるコントリビューターデーと同じく、WordPress のコア・プラグイン・テーマの開発に参加したり、Codex やテーマなどの翻訳を行ったり、フォーラムで回答したり等々の貢献活動を行おう!という部屋でした。昨年は2日目はコントリビューターデーだけだったので、結構参加者の方も多かったのですが、今回はセッションやハンズオンも同時に行われていたためか、部屋いらっしゃった方はとても少なかったです…。

ですが、いらっしゃった方とじっくりお話ができたり、わからない部分のサポートを時間をかけて行うことができたので、そういった意味では良かったのではないかと思っています。終盤は日本語チームの方がいらっしゃったり、著名なテーマ開発者・プラグイン開発者の方々が良い匂いに誘われたかのようにふらふらとやってきて、場末の居酒屋のような雰囲気の中でコアな話が繰り広げられていました。これクローズドな Ust とかで流せてたらめちゃくちゃ面白かったと思います。盛り上がっているセッション・ハンズオン会場の裏でひっそりとこういった場があるという。いつの日か Camp でひっそりとそんな企画があれば必ず見ますw

スポンサー&アンカンファレンスホール

今回の WordCamp ではスポンサーホールという場所が用意されました。広いホールにスポンサーの方々がテーブルをだされていて、さらにその場所が参加者の方の交流場所・お昼休憩の場所も兼ねる形でした。これが結構良い感じで、交流できる場所がきちんと用意されていないと懇親会まで出ないとなかなか参加者同士で話す機会もなかったりするのですけど、懇親会はやっぱり敷居が結構高いと思うので、お昼を食べに行ったらスポンサーの方や参加者同士で交流できるという形は良いなーと思いました。しかも今回は飲み物・パン・おにぎりが無料提供ということもあり、沢山の方がホールで交流されていたように思います。

ですが、残念な面も少しあって、参加登録をされているのに会場にいらっしゃらなかった方が少なくない割合でいるのではないかな…ということです。今回は完全に無料のイベントだったので、まぁいっかーと来なかった方もいらっしゃったかもしれませんが、参加者の人数を想定してパンフレットや飲み物・食べ物などを用意してたりしますし、もしかしたら、チケットがはけてしまって参加登録できなくてこれなかった、という方もいるかもしれませんので、ちょっと残念だなと感じました。

おにぎり、パンたくさん余っています!自由に食べてください!持って帰っていただいても大丈夫です。

Posted by WordCamp Kansai 2015 on 2015年7月24日

スタッフとして参加して

スタッフとして WordCamp に参加したのは初めてで、何十人ものスタッフの皆さんが何ヶ月も前から忙しい仕事の合間を縫って準備されているのを目にして、WordCamp を開催するというのはこんなに大変なんだ、というのを知りました。

一般参加者として参加したときは、ただただ楽しいお祭だなーという感じでしたが、こんなにたくさんの人がたくさんの時間をさいて準備をしているとは考えもしなかったし、参加者の方に楽しんで頂けるように、また、コミュニティ含め WordPress の楽しさ・すごさを皆さんに知ってもらおうと頑張っている姿を間近で見られて、改めてスタッフとして参加して良かったなと思いました。僕は自分でスタッフに申し込んだ割りになかなか日常のチャットにも参加できませんでしたし、当日もそんなに走り回る感じではなかったので、わざわざ長崎からしゃしゃりでてきて申し訳なかったと反省しています。でも皆さん仲良くしてくださって本当に楽しかったです。

10月31日、11月1日には WordCamp Tokyo 2015 が開催されます。今回は都合で参加できなかったり、迷ったけど踏ん切りがつかなかった方も、少しでも参加したいという気持ちがあるのであればぜひ参加されてみてください。僕も初めて参加した WordCamp Fukuoka 2011 では誰とも話せませんでしたし、懇親会に参加する勇気もありませんでしたし、とてもじゃないけどスピーカーの方やスタッフの方に声をかけることなんてできませんでした。でも、それがきっかけで WordBench 長崎 をやることになったり、プラグインを作るようになったり、大阪まで WordCamp に参加するようになったりして、まさか今年実行委員やスピーカーをやることになるなんて、全然想像もしていませんでした。でもそんなことが起きてしまうのが WordPress コミュニティのすごいところだと思いますし、怖がらなくても皆さん本当にフレンドリーに接してくれますので、WordCamp じゃなくても地元の WordBench からでも良いですし、ぜひコミュニティに参加されてみてください。絶対に何かおもしろいことが起きるようになると思います!

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく