WordCamp Tokyo 2016 でテーマ設計についての参加型座談会の司会・案内役とLTやります!

2016年9月17日(土)に行われるWordPressのイベント「WordCamp Tokyo 2016」において「テーマの設計」についての参加型座談会で司会役を務めさせて頂くことになりました。また、LTでも登壇させて頂きます。

「テーマの設計」座談会について

詳しくはこちらを。

参加型座談会は登壇者の話を聞くだけでなく、皆さんで一緒にお話しましょうという会です。僕のファシリテーション能力は期待できませんが、テーマの設計は仕事のスピードや品質に直結する事項だと思いますので、皆さんと一緒にざっくばらんにお話できるのを楽しみにしています。

公式ディレクトリ掲載テーマ開発者、有料テーマ開発者、仕事でWordPressを使っている方、開発者用向けのテーマを開発している方、一般ユーザー向けのテーマを開発している方、それぞれの属性で設計に対する考えや思想が違うと思いますので、色々な属性の方にご参加頂いて、色々な視点からの話がでると良いなーと思っています。ご興味のある方はぜひぜひお気軽にお越しください。

LT について

これまで制作を効率化するためにテーマはどうあれば良いのかを考えながら、それを実証するために Habakiri を作ったり、Habakiri Advent Calendar 2015 でテーマについて考えていることを書いたりしてきまして、実際に Habakiri は仕事で何件も使いました。そうした中で色々と見えてきたものがあり、僕が Habakiri で試したかったことは一通りやり終えた感があって、Habakiri で得た知見を活かして次なるテーマを開発中です。

LT ではその辺りについてポイントを掻い摘んでお話する予定です。LT は5分という短い時間なのでどれだけお伝えできるかはわかりませんが、興味のある方はぜひお越しください。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。 さらに詳しく

Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。 さらに詳しく

basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。 さらに詳しく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL