iPhone 4 からドコモ Xperia Z + ウィルコムの2台持ちに変えた話

Xperia Z SO-02E

Xperia Z SO-02E

先日、「iPhone4を捨て、SIMフリースマートフォンに乗り換えると、どれくらい安くなるのか調べてみた。」という記事を書きまして、Nexus 4 + ウィルコムの2台持ちを検討していたのですが、どうも Nexus 4 は技適を取得しておらず、日本で使うと電波法に違反してしまうらしいとの情報。Nexus 7 とウィルコムの2台持ちも考えたのですが、7インチは持ち歩くにはちょっと大げさすぎる…と、しばらく悩んでいたところ、某掲示板でドコモの Xperia Z の評価が上々なのを発見。どんな端末でも何かしら悪評をつけられる某掲示板で、悪評を見かけないとくればこれは買いでしょう!

ということで、先週末、ドコモショップ、家電量販店と数件まわり、一番安かった某家電量販店で Xperia Z を購入しました。

購入時の注意点・気付き

いままであまり携帯を買い換えたことが無いので、今回はネット等で下調べをしてから購入に挑みました。そこで気付いたことは以下。

  • 端末価格は店舗によって違う(一括◯◯円やキャッシュバック◯◯円等)
  • キャッシュバック額は明示されていなくて聞かないとわからなかった(よく見ればどこかにあったのかもしれませんが…)
  • 一括価格を聞いているのに実質価格の話をされる(あまり一括で買う人がいないからかも)

なので、数店舗まわりキャッシュバック額を反映した端末価格を確認して、一番安い店で買うのが良いです。

乗り換えていくらぐらい安くなったか

これまでの運用費(Softbank、iPhone使用の場合)

とりあえず前記事に書いたソフトバンク iPhone 4 の運用費を再掲。

ホワイトプラン 980円
パケットし放題フラット 4,200円
S!ベーシックパック 315円
ユニバーサルサービス料 3円
通話料 1,680円
※21円/30秒、40分使用
月額合計 7,178円
24ヶ月合計 172,272円

現在の運用費(ドコモ Xperia Z + ウィルコム使用の場合)

そして、移行後。

MNP転出手数料 2,100円
新規の契約事務手数料 3,150円
Xperia Z 端末代 77,280円
MNP割引 -40,000
ソフトバンク解除料 9,975円
小計 52,505円
新ウィルコム定額プランS 0円
誰とでも定額 980円
通話料 0円
Xiデータプラン ライト 2ねん
※3GBまでLTE通信、その後128kbps制限
3,980円
spモード 315円
月々サポート -3,675円
月額合計 1,600円
24ヶ月合計 38,400円
合計 90,905円
Softbank + iPhone4 との差額 -81,367円

実際は、MNPの場合は申込時はデータプランを契約できなかったり、ACアダプターが付属していないので購入しないといけなかったりして、もう少し費用がかかりますが、運用費は約半額にできました。

初Andoroid・Xperia Z の使用感

ホームアプリ

Apex launcher

Apex launcher

僕の初スマートフォンは iPhone 4 であり、Android はバージョン 2 の頃に少し触ったことがあるくらいだったので、Android は iPhone に比べてカクカクで不自然な UX という認識でした。

今回の購入に際しネット上を見てみると、は Android も現在はバージョン 4.2 まででており、ほとんど iPhone と変わらない UX との証言がチラホラ見られたので、Xperia Z の初期設定時、期待しながら操作してみました。「おー、だいぶ良くなって…ん?これはカクカク…!?」思ったほど「ヌルサク」でない!やはり Android は iPhone には及ばないのか…などと思いながらいろいろ設定を進めていったのですが、これは「docomo Palette UI」のせいでした。

「docomo Palette UI」はドコモ製のホームアプリ。ホームアプリとは Windows で言えばエクスプローラ、Mac で言えば Finder にあたるもので、Android では好きなホームアプリをインストールして使用することができます。適当にネット上で評判が良かった「Apex launcher」というホームアプリをインストールしてみたところ、操作感が一変、一気に快適な UX を得ることが出来ました。その他、いろいろな面で iPhone より細かく設定や変更ができるので、細部までカスタマイズしたりオリジナルのスマートフォンにしたい方には向いている OS だと思いました。

UI

操作感は iPhone 並ですが、アプリのボタン等の UI が iPhone ほど繊細さがないように感じました。恐らく、Android がデフォルトで用意している GUIコンポーネント的なものを使っているのかなと思いますが…。

5インチディスプレイ

これまでの iPhone 4 は 4インチディスプレイで、今回の Xperia Z は5インチディスプレイ。比べてみると1周りくらい大きいです。最初はその大きさに違和感がありますが、慣れてくると5インチのほうがボタンが押しやすかったり動画がキレイに見れたりして使いやすく感じました。ただ、片手で全て操作するのが難しいので、手が小さい人は少し操作しにくいかもしれません。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく