SIGMA DP1x買った。

購入に至る経緯

現在主に使用しているデジタル一眼レフカメラSIGMA SD15が大きくて重いので、気軽に持ち歩けるサブカメラを探そうと思い「最高のサブカメラを探す!」を書いた。

記事を買いているうちに、やはりSIGMAの一眼レフカメラに手を出してしまった以上、コンデジもSIGMAでなければ、と変な使命感にかられてしまう。DPは画角とF値の違うDP1x(28mm・F4)とDP2x(40mm・F2.8)があり、どちらにするかかなり迷ったが広角な写真が好きな事と金額が1万円ほど安いという理由からDP1xを購入することにした。

どこで買おう?

はじめに有名どころのネットショップ(カメラのキタムラ、マップカメラ、フジヤカメラetc)をチェックし、カメラのキタムラで中古品が2万円弱であるのを発見。だが、ヤフオクならもっと安く手に入るかも…と思い、出勤前、昼休み、帰宅してから深夜までヤフオクに張り付くこと1週間。僕の手元には今、カメラのキタムラから届いたDP1xがいらっしゃいます。

商品ランクがAB品(良品)で多少のスレ傷ありとの記載だっがが、現物を見てみると全く問題なし。最初からこれにすれば良かった…。ちなみに、カメラのキタムラのネット中古は商品を希望の店舗まで届けてもらいチェックできるというもの。チェックして気に入らなければ購入しないでも構わない。もし中古品は見てみないと買えないという方は一度利用されてみては。

で、DP1x

SIGMA DP1x

SIGMA DP1x

平日はなかなか外で撮る時間がないので、軽く室内を撮影してみたが、思った以上にオートフォーカスが遅い!SD15も速い方ではないし、DP1xも普通のカメラと比べれば遅いという話は聞いていたが、DP1やDP1sから比べると改善しているとの記事を見たので、まぁSD15くらいには動くでしょうと思っていたから、1枚目撮ったときは愕然とした。オートフォーカスが遅いというと焦点が定まるまでに時間がかかるとの認識だったが、DP1xはレベルが違う。半押しすると画面がフリーズするんだ…。

まぁ、SIGAMAのカメラはそんな不器用なところも好きだったりするのでこれぐらいは許容範囲。うん。一眼に比べると直感的に設定が変更できない感じはあるけど、慣れればコンデジの中では操作しやすい部類だと思うし、特にマニュアルフォーカスは便利。オートフォーカスが遅いため、対象までの距離が書いてあるダイヤルを回すだけでフォーカスを合わせることができるマニュアルフォーカスは常用する価値があると思う。

背面

背面

DP1xは電源を入れるとレンズが飛び出してくる沈胴型。レンズキャップをはめているとレンズが飛び出せないのでカメラが起動しない。しかもキャップは外しにくいのでパッと使いたいときには不便だ。せっかくのコンパクトさが失われてしまうが、レンズフードフィルターを付けてしまおうかと検討中。

起動したところ。

起動したところ。

そこまですると外付けファインダーも欲しくなってくるが、カメラが小さくて使いにくそうだし、そもそも純正は高い。LUMIX用のファインダーが幾分買いやすい価格ではあるのだが…。

MW WP Form

MW WP Form はショートコードベースのフォームプラグインです。多くの機能を持っており、例えば、多くのバリデーションルール、問い合わせデータの保存、そしてグラフ機能集計などを使用することができます。

さらに詳しく
Habakiri

Habakiri

Bootstrap ベースのシンプルな WordPress テーマ。レスポンシブ、多くのカスタマイズ機能。圧縮された CSS・JS を使用する高速化対策。Microformats 対応。Sass、クラスベースの functions.php。

さらに詳しく
basis-stylus

Basis

軽量なレスポンシブ Stylus/CSS フレームワーク。Flexbox ベースのグリッドシステム、疎結合なコンポーネント、バーティカルリズム。

さらに詳しく